トップページ

伊丹廃寺跡

緑ヶ丘四丁目  市バス「総監部前」東すぐら南へすぐ



 



出土した水煙



伊丹市の北郊緑ヶ丘の地にあります。この寺院跡については古くから知られ、「
摂津名所図絵(せっつめいしょずえ)」には「霊林寺旧跡」として礎石のあることが指摘されていました。昭和33年畑の耕作中に「水煙(すいえん)と基壇の一部発見」が機になって同年から 40年迄発掘調査が実施され、寺跡のほぼ全容が確認されました。

伽藍配置は法隆寺式で、金堂を東に塔を西に並列し南に面しています。これらを回廊がとり囲み、南に中門が他の三方に僧門があります。講堂は、金堂の北側にあり、その両側に僧坊があって、これら主要伽藍の外側に築地塀があります。講堂が中軸線の片方に寄っている事が、法隆寺式の配置と一部異っています。また、金堂跡は、東西20メートル南北16メートルで基壇は、地覆にを敷きその上に丸い栗石と瓦を交互に積み上げ、南面左右に二基、北面中央に一基の階段があります。金堂の正面に二基の階段があるのは、我が国の寺院では他に例がありませんが中国の都、長安にあるお寺にこの様な二つの階段のある寺の絵が書かれており、中国との交流も考えられます。塔跡は、一辺12.7メートル地覆から半截した瓦だけを積んでおり、階段は、南に一基付けています。遺物は瓦の他に銅製の水煙・九輪・風鐸・相輪部の残欠、磚仏等があり、これらに依ってこの寺が白凰時代の創建であることが確かめられました。その後、金堂と塔は焼けて再建されましたが、鎌倉時代後期には廃寺となったと考えられています。昭和41年には北側を除く地域が国の史跡に指定され、特に金堂跡、塔跡のある中心地区は、基壇が復元的に整備され、史跡公園として公開されています。出土品は市立博物館に保管、展示されており、昭和52年には出土遺物1027点が有形文化財として県の指定を受けました。 

創建者については、この地方の古代豪族とも考えられますが、伊丹市教育委員会発行の「伊丹の伝説」の中に、菅公と村人との逸話として廃寺の縁起を「藤原不比等が行基を伴い四国の領地に旅された後、有馬へ湯治に行こうとして鋳物師に寄られた時、近くの蓮池から竜が天上すると聞いて此処に寺を建立される事になった」とあります。  その由来により、寺は、主池山竜蓮寺(後良蓮寺)と号され、事実この辺り一帯の地名を南良蓮寺、北良蓮寺と呼びました。天正7年(1579)荒木村重が信長に背いたときの戦火でこの寺は炎上しましたが、背丈1メートル程の本尊阿弥陀如来立像は無事救出され、当寺から1.5キロメートル東の多田街道沿いにある教善寺に移されて、現在もそこに安置されています。




伊丹市廃寺伽藍配置図『伊丹市史』よ





目次