トップページ

荒村寺  

伊丹一丁目 JR伊丹駅南すぐ





荒村寺



荒村寺にある鬼貫句碑



洞宗、古城山荒村寺は寺伝によれば伊丹郷町の木綿屋徳三郎が深く帰依し、郷町にあった閑室に嘯山虎渓和尚を招いて参禅したのが始まりです。この庵室は寛政12年(1800)古城跡に移り、城山庵と呼ばれるようになりました。天保年間に一妙法国尼を開基とする尼寺になりました。その後、荒木村重の所縁により荒村庵となり、昭和39年(1964)荒村寺と号するようになりました。昭和52年(1977)JR伊丹駅前再開発事業により現在地に移築されました。本尊は金箔仕上げの十一面観世菩薩立像です。

村重の墓は堺の南宗寺にあるとされていますが、現在は見当たりません。法名は「秋英宗薫居士」です。荒村寺は村重の菩提を弔うために建てられたとも伝えられ、この寺にも位牌があり、「心英道薫禅定門」となっています。
境内には手洗い鉢に使用されている応安7年(1374)の宝篋印塔や天保13年(1842)の一石五輪塔があります。

庭前に鬼貫の句碑があります。高さ約158cmで慶応元年(1865)梶曲阜、山口太乙、岡田糠人によって建てられました。
「古城や 茨ぐろなる 蟋蟀(きりぎりす)  鬼貫」
この句は『大悟物狂』や『仏兄七久留万』に載り、「有岡の昔をあはれにおぼえて」の詞書がついています。三池藩立花家から伊丹に帰った鬼貫が有岡城跡を訪ね、茨の茂みに蟋蟀が鳴く侘しい光景に心うたれて作ったといわれています。村重が遊んだといわれる船底板も伝わっています。







目次