トップページ

和泉式部の墓

春日丘六丁目 市バス「伊丹坂」東南すぐ






和泉式部の墓





五輪塔


旧西国街道の伊丹坂の上にある旧村字村畑にあります。江戸時代の郷土誌『有岡古続語』には「ほとんどが地中に埋没しており」と記されているので、後に地中から掘り出したことが分ります。そのために保存状態が極めて良く、花崗岩でつくられた美しい形の五輪塔ですが、現存しているのは空輪・風輪・水輪だけで火輪と地輪は見当りません。水輪の高さは58.5センチメートルで、復元すると全体の高さは230センチメートルにもなる大形塔です。構造形式は、鎌倉調で1300年代初期の造立と推定されます。式部は、900年代後半から1000年代前半の人なので、後世の人が式部追善供養の為に建てたことは明らかで、寛政十年(1798)に書かれた『摂津名所図会』にも「墓」ではなく「塔」と記されておりこうした式部の塔は、全国各地にあります。

式部は平安時代の女流歌人で、和泉守橘道貞と再婚したことから和泉式部と呼ばれました。恋多き女性としても有名で、夫道貞と別れて後、冷泉天皇の第三皇子弾正宮為尊親王と、為尊親王死後はその弟宮の第四皇子帥宮敦道親王と激しい恋に落ち、敦道親王の死迄の5年間にわたる恋愛生活を描写した和歌を中心に綴ったものが『和泉式部日記』です。その後、川辺郡平井(現宝塚市平井)の住人藤原保昌と結婚したので、この場所に塔を建てたのでしょうか。夫保昌の任地国丹後に下った式部から「便りがあったか」と中納言定朝に聞かれた娘(先夫道貞との間に生まれた)の小式部内侍が「大江山いくのの道の遠ければまだふみも見ず天の橋立」と即座に和歌で答えた話は有名です。式部の歌は、1500余首残っていますが、伊丹に関係のあるのは、「津の国のこやとも人をいふべきにひまこそなけれ芦の八重葺」という、後拾遺和歌集に収められた一首だけです。その歌碑が瑞ヶ池公園の東南に建っています。夫保昌、は摂津守就任中の長元九年(1036)79歳で逝去しましたが、式部の晩年については、具体的な伝承はありません。京都新京極の誠心院(じょうしんいん、別名和泉式部寺、藤原道長が創建した法成寺の小御堂を式部に与えたのが始まり)の式部忌には彼女の像を拝観出来ますが、それは尼僧の姿をしています。いつの頃にか出家したのでしょうか。






目次