トップページ

辻の碑

北伊丹一丁目 市バス「辻村」東すぐ






この碑(いしぶみ)は、市域の中央を横切る西国街道と多田街道とが交わる、いわゆる「辻」(北伊丹1丁目89番地)に、高さ92センチ、幅76センチの自然石で、鋭角を上方に向けて建てられており、現在は覆屋の中に納められています。今回の阪神淡路大震災で、折損し転倒しましたが修復されました。この碑の表面には銘文があって、昔は多くの文字が刻まれていたようですが、多年の風雨にさらされ磨滅し、下方が剥落して今では中央上方に刻まれた1行「従東寺十里」の他は読み取ることが出来ません。しかし寛政十年(1798)刊行の摂津名所図会には「従東寺十里(東寺とは、京都教王護国寺のこと)
従関戸七里(関戸とは、山城との国境大山崎関戸院のこと)従須磨七里(須磨とは今の神戸市須磨のこと)従天王七里(天王とは、今の三田市 母子 ( もうし ) 天王嶺のこと)従大少路七里(大少路とは、和泉との国境、今の堺市大小路町のこと)」と刻まれていたと記しています。この碑は、つまり辻村が摂津の国の中央(中心)であることを標示するために建てられたことがわかります。

国境からの距離を刻んだ古碑として有名な「多賀城碑」(宮城県多賀城市)は、「壷の碑」ともよばれ、松尾芭蕉の「奥の細道」で世に喧伝されました。年代は不明ですが、川辺郡誌には、「伝説に源満仲の建つる所といひ」とあります。昭和40年市指定文化財となりました。所有者は、宗教法人臂岡天満宮となっていますが、これは以前この地に八坂神社(覆屋の左横に石柱あり)があり、同宮に合祀されたことによるものです。





目次