トップページ

頼山陽遺愛の柿

宮ノ前二丁目  阪急伊丹駅から東へ五






台柿がある日本庭園



頼山陽が愛した台柿


旧岡田家邸内には、樹齢350年を超える大きな台柿の古木がありました。この柿は一見すると富有柿に似ていますが渋柿で、ヘタの周りが円座のように盛り上がっていることから、「台柿」と呼ばれていました。

頼山陽が文政12年(1829)10月22日、伊丹に来遊し「剣菱」坂上桐陰邸で開かれた宴会のデザートに出された巨大な台柿を食べたところ、あまりの美味しさにお代りを所望しましたが、「この柿は岡田柿園方に老樹が一本あるだけで他に無い物だから」と諦めてもらったということです。その後また酒になりましたが、口中爽やかになり『
藍尾(らんび)の酒』(宴の最後に飲む酒)が非常に美味しかったといいます。    このときの模様を山陽が「柿記」として漢詩文に詳記、また、画家竹田がその台柿を描いて合作とし、岡田家に送ったものが今も同家に伝わっています。この台柿の巨木は、昭和63年伊丹市立工芸センターの建設工事に伴う移植に失敗して、翌年枯死したことは、非常に惜しまれます。現在は「第二世代、頼山陽遺愛の柿」が柿衞文庫の庭に往時を偲ばせています。






目次