トップページ

大蓮寺

中央2丁目








浄土宗、寳池山大蓮寺は寺伝によると天正15年(1587)に創建されたとあります。現本堂は建築手法等から、17世紀中・後期に建てられたと見られ、その後たびたび改造され、阪神大震災により傾きましたが、復旧されました。伊丹市内の浄土宗寺院の本堂では一番古い遺構のようです。本尊は阿弥陀如来立像です。
当寺には元禄年間から伝わる「川辺西国観音霊場三十三」の31番目の観音像が安置されています。平成元年にこの地域の中世の支配者、伊丹氏の供養塔が建てられました。







目次