トップページ

御願塚古墳

御願塚4丁目 市バス「御願塚」下車





南神社


  御願塚(ごがづか)古墳は伊丹市の南部、阪急伊丹線稲野駅の近くの平地にある前方後円墳で、構築年代は古墳時代中期(5世紀後半)のものです。全長52m、前方部前幅19m、長さ13m、高さ2m、後円部は直径39m、高さ7mで墳丘の前方部が短く低く作られた帆立貝式の古墳です。周囲には7m〜11m幅の水を湛えた馬蹄型の周濠が巡っています。墳頂部に建てられている南神社は、御願塚3丁目に所在する須佐男神社の下社で、祭神は孝徳天皇(在位645〜654)です。
 被葬者を埋葬した主体部は、明治8年に地元の人々により一部掘られ、その時地中より石組みらしいものが出たようですが、構造など詳細は不明です。しかし、墳丘からは近年の調査により円筒・形象埴輪や須恵器が出土しています。
 近年(昭和62年以降)、周濠外側一帯で、数次にわたる発掘調査が行われ、幅4〜5m、深さ30cmほどの小規模な溝が、濠にそって巡っていることが明らかになり、この溝の内部から古墳を中心として200m〜300mの範囲に、かつて満塚(みつづか)、掛塚(かけづか)、・温塚(ぬくめづか)・破塚(やぶれづか)と称する塚地があり、御願塚古墳は、昔は、五ヶ塚(ごがづか)と呼ばれていたようですが、これは周辺部の4基の塚と合わせての呼び名であったといわれています。現在、御願塚古墳以外は消滅しており、標石を残すのみとなっています。
 平成10年6月、墳丘のすそで「造り出し」と呼ばれる祭祀場が発見されました。幅3.5m〜4.5m、長さ4m以上で、造り出しからは円筒埴輪が2列並んでいました。いずれも上部は壊されていましたが、底に近い部分は直径30cm以上もあり、北側に8基、南側に7基ありました。
 なお被葬者は火焔皇子(ほのおのきみ)或は孝徳天皇といわれています。







目次