トップページ

遍照寺

鈴原町七丁目









上島鬼貫の句碑 


明井山遍照寺は浄土真宗本願寺派の寺院で以前、東桑津村にありましたが、昭和13年にこの地に移されました。
境内には梶曲阜が建立した鬼貫の句碑が建っています。

骸骨の 上を粧て 花見哉   鬼貫

碑の高さは163cmの砂岩切石で弘化4年(1847)秋9月に建立したものです。享保3年(1718)鬼貫58歳の作といわれ、梶曲阜は『仏兄(さとえ)翁記』のなかで、この句を絶賛しています。
歌意は「着飾った人々が、花見にうかれているが、しょせん中身は骸骨にすぎない」。人生のはかなさを詠んだ句です。

この句碑に対応して、鬼貫の一族だった俳人「机月」が鬼貫を偲び詠んだ

青梅は その骸骨の みのり哉  

机月の句碑が平成16年9月に建立されました。

本尊、阿弥陀如来立像の他に江戸後期の文人たちの書画も多く保存されています。






目次