トップページ

猪名寺廃寺(尼崎)

尼崎市猪名寺一丁目








猪名寺廃寺の礎石 


尼崎市の北東部、伊丹市と接するあたり、猪名寺佐璞丘の真言宗猪名野山法園寺境内からその裏手の山林にかけて、古い寺院跡があります。ここは猪名川低地、その右岸の微高地です。ここに3基の土壇があります。金堂と塔とを東西にならべて南面する法隆寺式の伽藍配置の寺院跡といわれています。当時の摂津国川辺郡の地に、河畔の丘に伊丹廃寺、低地の河原に猪名寺廃寺が近接してあり、また対岸の豊島郡の丘上に新免廃寺(豊中市新免)が建立されていたことは、この猪名川流域の白鳳文化の考察上注目すべき事実です。
法園寺境内にある巨大な塔心礎は、円形凹状柱座をくり込み、柱座とは別に同一石面上に舎利孔をもっています。また、各基壇や周囲の階段は、凝灰岩でつくられています。出土した瓦類は、白鳳時代〜室町時代に亘っており、特に白鳳時代の軒瓦は、「河原寺式」と呼ばれているものです。伽藍は、天正6〜7年(1578〜9)の荒木村重と織田信長の合戦の際に消失したものと思われます。また境内には猪名野神社元宮があります。






目次