トップページ

岩屋遺跡

伊丹スカイパーク中央エントランス






伊丹スカイパークの工事に先立ち、平成15年から平成16年にかけて岩屋遺跡の発掘調査が行われ、弥生時代前期後半(2300年前)の大規模な灌漑施設(堰と用水路)が発見されました。堰の周囲に堆積した砂層からは縄文時代後期から弥生時代前期の土器も出土しました。3つの堰が見つかり、2つの堰(堰1、堰2)は川の流れの向きをかえ2つの用水路へ水を引きために造られました。大きな横木が様々な角度から杭で固定され、コナラ材やクリ材が使用されています。残りの堰(堰3)も大きな横木を杭で固定させた2列の護岸施設であったことが分かりました。
この時代としては非常に高度で大規模な土木工事が行われました。この重要な遺跡を後世に伝えるために、「堰1」が復元されています。




目次