トップページ

加茂神社

森本二丁目








この神社の創建は伝承によれば14世紀末ごろと思われます。現在の社殿は鉄筋銅板葺で昭和51年に氏子により改築されました。本殿は一間素木春日造りで、その精緻な構造は17世紀の遺構として貴重なもので大切に原形を保ち、覆殿に祀られています。
祭神の加茂別雷神は、農業用水を守る治水の神様で、また村人を諸々の災いから守る神様でもあります。当時の森本村の領主服部氏が寄進したとも伝わります。






目次