トップページ

柏木古墳

柏木町一丁目






現在は墓地になっています


柏木古墳は阪急伊丹線の稲野―塚口駅間の西側に周囲を民家に囲まれた円墳状の塚地です。規模は直径38m、高さ6mで現在は全体が墓地となって一部が崩れ、墳頂部は平らに削りとられています。この塚地は御願塚古墳の南760mにあり、伊丹市南郊から尼崎市にかけて広がる猪名野古墳群の中に位置することから、以前より古墳と考えられていました。出土した埴輪から、古墳時代中期(5世紀中ごろ)の古墳であることが分かりました。墳丘の改変は著しいですが、現在の規模は御願塚古墳級の古墳として、猪名野古墳群の一基をなしていたものと考えられます。
なお、平成7年8月の発掘調査で、墳丘の外周とされていた部分より西側17mの地点で幅11m、深さ40cm、外縁16.2mにわたる周濠が確認され、この古墳は、直径55mの規模で円墳としては、兵庫県内最大級の規模です。
ちなみに、兵庫県内最大円墳は、神戸市垂水区内の小壺古墳で、直径67mのものがあります。
<参考>猪名野古墳群、伊丹市・尼崎市地域の猪名川右岸地域には、明治時代の測量図によると20基ほどの塚が記されております。



目次