トップページ

春日神社(口酒井)

口酒井1丁目










本殿 


口酒井はかつて猪名川と藻川の分流によって生じた中州にありました。そこに春日大明神(祭神は天児屋根命(あまのこやねのみこと))が祀られていました。口酒井の古文書には「奈良春日大明神を初て勧請す」とあり、天正8年(1580)現在地に移されたとしています。
天文4年(1535)に伊丹城主の一族と考えられる伊丹衍清(のぶきよ)が奈良春日大社に石灯籠を寄進しています。
社蔵に寛永18年(1641)と安政5年(1858)の二枚の棟札がのこされています。寛永の棟札は本殿建立時のもので、大工は「鴻池橘朝臣松原三右衛門貞吉」とあり、鴻池の宮大工である松原氏が、建てたことが分かりました。
同社の本殿は、県の有形文化財指定(昭和51年3月23日)を受けた一間社春日造です。屋根は切妻造りで左右に反りがある照り屋根で妻入りとなっています。向拝があり丹塗で彩色豊かで、仏教形式が強いものです。また、井桁の上に4本の柱を立て、平面は方一間になっていることから、一間社春日造りといわれています。この精密な構造は、江戸時代の貴重な建築物で覆屋に納められています。伊丹市にこのような優れた神社があるのは鴻池にあった「大工組」の影響があったと思われます。また、安政の棟札は、本殿修理時のものであります。境内には、灯籠・寛政8年(1796)や、狛犬(台座)・文化11年(1814)などの石造物もあります。




目次