トップページ

昆陽寺

寺本二丁目 市バス「昆陽里」すぐ






昆陽寺山門




昆陽寺観音堂


崑崙山昆陽寺は僧行基創立の畿内四十九院の一つとして天平3年(731)に創立された昆陽施院の系譜をひく寺です。昆陽施院は行基が昆陽池を造った頃、傍らに小さな「こや」(小屋)を建て、旅で困った人や病人達のために役立てました。その後、昆陽施院は天正7年(1579)荒木村重と織田信長の合戦で、信長の兵火にかかって堂塔は焼失し、それ以前の建物は何一つ残っていません。
現在の建物は江戸時代に建て直されました。本堂は阪神・淡路大震災により大きな被害を受けましたが、後世まで伝えるよう古い材木も使って再建されました。
兵庫県の指定有形文化財として、山門・観音堂・もと山門にあった二天像(広目天・多聞天立像)がその指定をうけています。
山門は上層周囲に縁をめぐらし、細部にみる絵様繰形の形式手法は、江戸時代中期のそれをよく伝えています。内部戸口柱を通柱として、上層柱をも兼ねる構法は珍しい。斗拱(ときょう)部中備え間斗上の双斗肘木や妻飾虹梁下の大斗花肘木の意匠は、なお前代の余風を伝えています。観音堂は4面に軒柱を建て、その軒内の3面に切り目縁をめぐらし、正面に一間の向拝をつけています。内部は二区に分け、内陣は背面の軒内を取り入れて一室とし、中央間左右柱を粽付き来迎柱とし、和様の仏壇を置いてあります。簡素な建物ですが、縁回りの海老虹梁や向拝などの手法は、江戸初期の風格をよく示しています。特に、花肘木の絵様繰形から寛永年間(1624~1643)の建築と推定されています。二天像(広目天・多聞天立像)は等身で、像高は広目天が173cm、多聞天が164cm、おおらかな表現と一本造りの古風な技法から11世紀に京都の有力仏師によって造られたと考えられます。
付近には、多くの塔頭がありましたが、現在は、遍照院・一乗院・正覚院・成就院しか残っていません。昔は月と蛍の名所として知られ、歌人が多くの歌を詠んでいます。

山鳥の ほろほろとなく 声きけば
       父かとぞ思ふ 母かとぞ思ふ          行基

昆陽寺境内にこの歌碑が建てられています。行基の父母への切ない思慕がひしひしと伝わってきます。
なお山門の前には飯尾宗祇の句碑が立っています。

このハくち 水草きよき 川邊哉           (『下草』より)





目次