トップページ

昆陽池

昆陽池三丁目








昆陽池空撮(平成9年撮影) 

天平年間(729〜)僧行基が猪名野笹原150haの大開墾を終え、全部で灌漑用水池として5つの池と2つの溝を掘ったと伝えられています。昆陽池はその中の最大の池で、周囲4km近くありました。この辺りは陥没帯で天神川や天王寺川からの流水によって、昆陽一帯の田畑は、洪水の度に荒らされていました。行基はこの陥没帯を活かした溜池を造り、洪水による被害を防いだので、その後は安定した農耕が出来るようになりました。昭和35〜36年池の東部分約1/3が埋め立てられ、以前の2/3ほどの広さになりました。昭和47年からは残った池の整備が行われました。
周囲は公園に、また、池の中心には日本列島が造られ、野鳥の楽園となって市民に親しまれています。
池には魚類が豊富で伝説の「行基鮒」も棲み、その景観は、歌や俳句に詠まれて大変有名です。
昆陽池は公園総面積約28万u、内水域約20万u、水量約28万u、平均水深(自然池)1.7m、(貯水池)4mです。




目次