トップページ

口酒井遺跡

口酒井二丁目





遺跡の場所



伊丹市埋蔵文化財
口酒井整理事務所


口酒井遺跡は猪名川の左岸の自然堤防上にあり、田能遺跡の北西約500mの近接地にあります。猪名川流域は西摂平野の中心部に位置し、古来より恵まれた生活環境で、この流域は縄文・弥生時代のわが国の代表的な遺跡です。特に籾痕のついた浅鉢の縄文土器の出土は、西摂地域における農耕の開始が縄文晩期に遡る、重要な発見です。

昭和53年以来発掘調査が行われて縄文・弥生時代の遺構と遺物が発見されました。縄文晩期の遺物には深鉢形土器、浅鉢形土器、壺形土器や石皿、磨石、磨製石斧などが出土しました。弥生時代の遺構として、住居跡、木棺墓、壺棺墓、円形周溝墓、方形周溝墓。遺物には甕、鉢、高坏などの土器のほかに石皿、石鏃、磨製石剣、削器などの石器や石製品が出土しました。なお、現在遺跡は埋め戻されており、遺物は伊丹市立博物館に保管されています。





目次