トップページ

桑津神社

桑津一丁目





本殿


火明神社 


この神社は由来は昭和17年の空港建設で立ち退きになった旧西桑津村の火明(ほあかり)神社と火闌降(ほすせり)神社をここに移転合祀し、桑津神社となりました。さらに昭和39年の大阪国際空港拡張に伴い旧中村が空港用地となったので、その土地の素盞嗚神社が桑津神社に合祀されたとあります。本殿は木造流造りです。境内には、旧地にあった素盞嗚神社の末社を祀った中村社と火明神社にあった稲荷社が移されています。





目次