トップページ

師直塚

東有岡五丁目







高師直は南北朝の武将で足利尊氏の執事でした。生年月日は不明です。
建武3年(1336)尊氏が征夷大将軍として室町幕府を創設したとき、幕府の中軸の地位にあって南朝の宮を焼き払うなど幕府の危機を救いました。しかし、既成の秩序に反逆したため、幕府の秩序維持確立を目指す尊氏の弟直義との対立が一挙に表面に出ました。
尊氏は師直を罷免しましたが、師直は弟師泰と共に尊氏邸に逃れた直義を攻め、ふたたび執事の職を取り戻しました。しかし直義は南朝と和睦し尊氏を破り、師直兄弟に傷を負わせました。その翌年、観応2年(1351)尊氏は直義に和睦を申し入れ、帰京したい旨を伝えて許されました。師直兄弟は剃髪し、入道となって恭順の意を示しましたが、同年2月26日尊氏と共に京都に向かう途中、武庫川を過ぎたところで待ち伏せていた上杉能憲に討たれてしまいました。この碑は山田村の村民たちが師直を憐れんで造ったといわれています。
現在の碑は大正4年に建てられてもので、以前は現在地よりも北にありましたが、耕作の妨げになるという理由で移転を繰り返し、ここに落ち着きました。






目次