トップページ

むぎわら音頭

 








むぎわら音頭は正式には「摂州兵庫功徳盆踊り」といい、南野地区に伝わり、保存会により保存継承されている県指定の無形民俗文化財です。仏教の関係から発した盆踊りの系統に属するもので、僧行基が猪名野笹原を開発するときに、それに従事した労働者を慰安するために始めたとされています。
むぎわら音頭は、やぐらを中心に左回りの踊りをしますが、その踊り型は多種多様で、テンポが速く、かなり複雑な振りになっています。踊り方は腰を落とし、バネをきかし、手の使い方にもメリハリをつけ、活動的に踊るところは、念仏踊りの伝統が生きた踊り方といえるでしょう。通称となっている「むぎわら踊り」は麦の取り入れをしながら、盆踊りを稽古するうちに、自然に生まれた踊り方だといわれています。その他、生活様式を面白おかしく取り入れた「もちつき」「あみひき」「手ぬぐい流し」「角力取り」「かまきり」、「かえるとび」「小手がえし」等、その名のとおりの「曲踊り」という踊り方があります。

一例として「一口音頭」の歌詞をあげてみましょう。

1. 一で高いのは 一の兵衛の墓よ 次に高いは 水堂の墓よ
  とんとひくいは 長州の墓よ チョロチョロ見えるは あれはどこや
  あれは大阪の安道寺町 紅屋五郎兵衛に 良い子がござる

2. 茶びん頭にハエが三匹とまって とまりそこねて腰の骨ぺこぺこぬかした
  二度ととまろうまい 茶びんの頭

(一の兵衛は伊丹市、水堂・長洲は尼崎)


 

目次