トップページ

最善寺

池尻2丁目






大雄山最善寺の本尊は釈迦牟尼仏です。江戸後期以降は尼僧が住職を勤め、昔から尼寺として親しまれてきた曹洞宗の寺です。
明暦元年(1655)からは玉蔵院隆長(真言宗、高野山の僧)、天保2年(1682)〜元禄5年(1692)の間は浄土宗の愚願が住職を勤めたとの記録があります。寺社奉行へ提出した「寺社書込帳」には、伊予大洲半、加藤遠江守領の池尻村再福寺と記載されています。元禄5年(1692)播磨網干、龍門寺の仏智弘済禅師(盤珪)の弟子聖瑞が住職になり、伊予大洲の富士山如法寺の末寺となって、寺号も最善寺と改められました。
境内には、単層切妻造四本柱の鐘楼があり、梵鐘には上島鬼貫の法名が記されています。山門脇には左右に地蔵堂と稲荷社があります。






目次