トップページ

松源寺

口酒井1丁目








阿部正次の墓碑(五輪塔)


武蔵国岩槻藩、阿部正次が伊丹市域(口酒井・岩屋村など神津地区)を領有することになったのは、寛永3年(1626)大阪城代に任じられてからのことです。
大坂城代は大坂城を守護し幕府の諸役人を率いて政務を行い、さらに西国の諸大名の動静を見守り、西日本に非常の代行して、これを処理する権限を委ねられていました。正次はその大役を果たすために、摂津国の豊島・川辺・有馬・能勢の内3万石の加増を受け、併せて8万6千石を領有、以後慶安元年(1648)までその領有が続きました。正次は病のため正保4年(1647)11月13日大坂城代の職を辞し、翌14日に亡くなりました(享年76歳)。生前、閑静で景色のよい所として酒井村(口酒井)が特にお気に入りであったところから、同村で火葬に付され墓所もつくられました。現在、長沢祥光氏邸の東方・黄檗宗の不老山松源寺の前に火葬墓があります。また、松源寺の位牌に「英隆院殿前備州大守従四位運誉豪翁了居士」とあります。
この墓は五輪塔で、基礎が欠失しており、塔身以上の現高が61.4cmであるところから、もとの総高は約90cmであったと推定されます。花崗岩製で、塔身の高さは23.6cm、笠の高さは19.4cmで、軒は全体に反りが目立ち、四柱の屋根の流れも全体に反転を見せています。
請花と宝珠は一石彫成で、請花の高さは9cm、宝珠は14.4cmあります。このような徹底した小型塔が造られるようになるのは室町中期以後ですが、この塔身の形式は壺型であることや、笠の軒や屋根の反りが鮮やかであること、鉢形の精花や球形の宝珠など、よく鎌倉時代の特徴をとどめています。おそらく南北朝時代の中期を下るものではありません。






目次