トップページ

正覚院

寺本一丁目











夏目甕麿の墓


崑崙山正覚院は天平年間(729〜749)、僧行基の開祖と伝えられています。
もとは昆陽寺の塔頭の一つです。昆陽寺の参道を南へ行った東側にあります。天正の戦火で焼失した後再建されましたが、老朽化したため昭和54年に現在の本堂が建てられました。正覚院の南側の公園には僧行基が掘ったと伝えられている閼伽井(あかい)があります。「あか」とは梵語で水、特に仏前に供える水のことをいい、昆陽寺付近の地を「閼伽井」と呼んでいたことから、ここにある井戸が「閼伽井の井戸」と呼ばれてきました。大変霊験豊かな水をたたえていたことが記録にあって、昔は「ほうそう」に効くということで飲んでいた人があったということです。境内には国学者夏目甕麿の墓があります。
正覚院の隣の遊園地に加納諸平と弟子の伴林光平の歌碑があります。

「こをだにと 折とる袖に 且落ちて 露よりもろき 玉つばきかな」(加納諸平)

「分来てし 其世は夢と 成りぬるを 何たとらるる 猪名のささ原」(伴林光平)








目次