トップページ

健速神社

野間五丁目








クスノキの根幹 


健速神社は旧野間村の西北端の地に鎮座し、境内の一段高い所を社殿地とし、緑したたる森を背景に昭和49年に改築された鉄筋銅板葺の立派な社殿があります。
草創時期については不明です。御祭神は須佐男命で、神社の由緒について川辺郡神社誌によりますと、「慶雲年間(704〜707)東の森と西の森に東健速神社、西健速神社の二社があり、東野間村、西野間村のそれぞれの氏神でした。和銅年間(708〜715)に東野間村を西野間村に合併し村名を野間村に改め、神亀元年(724)9月両社を合併し現在の地に遷座した」と記されています。また、社前には、樹齢約250年というクスノキの大木がありましたが、平成6年9月に落雷により損傷し、惜しくも枯渇し、現在ではその根幹を起こすのみとなっています。






目次