トップページ



南北朝時代の日蓮宗の大僧正。初めは真言宗の僧でしたが、のちに日蓮宗に改宗しました。日像に師事し、主に畿内から西国にかけて布教を行いました。出自は近衛家ともいわれています。
文和3年(1354)大覚は西国巡化の途中、伊丹大鹿に立ち寄りました。当地は大旱魃で雨乞いをしていましたが霊験なく、大覚が雨乞いの祈願をした処、奇跡の降雨となりました。その感謝の証として大鹿村挙げて日蓮宗に改宗し、妙宣寺は大覚を開祖として日蓮宗の寺院となりました。世にいう「大鹿皆法華」です。更に延文3年(1358)の夏、深刻な旱魃が畿内を襲い、大覚は天皇の勅により、法華経による雨乞いの祈願を行い、たちまち雨が降る霊験が起きました。この功により日蓮、日朗、日像各上人は菩薩号を賜り、大覚自身も大僧正に任ぜられました。


■妙宣寺



■大覚ゆかりの竹塚




目次