トップページ



幕末の漢学者、勤皇家、伊丹郷校「明倫堂」初代教頭。
上野国沼田の生まれ。父の一徳が大坂蔵屋敷勤務となり、香坡を篠崎小竹の梅花社に入塾させ、篠門四天王の1人といわれるようになりました。
天保9年(1838)伊丹郷校「明倫堂」が開校され、香坡は近衛忠煕から初代教頭に招請され、安政4年(1857)その職を辞すまで20年近くに亘り幕末の伊丹の教育・人材育成に貢献しました。しばらく九州を放浪して大坂に戻り、私塾を開きますが、暮らし向きは恵まれませんでした。長州藩士と親王のあった交友、藤井藍田が新撰組に捉えられ、藤井家の書付けの中から香坡の倒幕の大義書が見つかり、香坡も逮捕され獄死しました。門人たちの手で伊丹菩提寺に葬られました。


■菩提寺にある橋本香坡墓碑




■伊丹小学校東南にある歌碑


目次