トップページ



近衛家は藤原氏嫡流の五摂家筆頭の家柄です。平安末期の関白藤原忠通の長男基実を家祖としています。伊丹郷町の中心部が寛文元年(1661)から明治に至るまで近衛家の領地になりました。
幕府では中国(明)から来た黄檗宗の僧隠元のために大寺を建てる場所として、近衛家の山城国氏の領地を敵地として、代替として天領であった伊丹郷町を充当しました。このときの近衛家当主は、第20代近衞基熙でした。基熙は神を敬い、野々宮(現猪名野神社)の本殿を再建し、酒造業の育成・庇護に努め、江戸への進出には大きな力となりました。伊丹市は伝統を重んじ近衛の合印文を市章にしています。

■猪名野神社本殿




目次