トップページ



江戸時代後期の伊丹の俳人。通称鹿島屋利兵衛、酒造業・鹿島屋を営む傍ら俳諧をたしなみ、幕末の伊丹俳壇において山口太乙と双璧といわれ共に、大坂、花の本林曹に師事しました。庭にある頼山陽の柿木に因み「柿園」と号しました。梶曲阜、山口太乙とともに鬼貫の句碑を建てました。


■荒村寺にある鬼貫の句碑
(梶曲阜、山口太乙とともに建立)


■猪名野神社にある鬼貫の句碑
(梶曲阜、山口太乙とともに建立)



目次