トップページ



戦前・戦後の実業家。特に戦後、吉田茂の側近として活躍。
父文平が伊丹春日丘に別荘を建て、次郎も一時住んだといわれています。
白洲家は江戸時代三田藩の儒学者の家柄で、次郎は文平の二男として芦屋にうまれました。父文平は綿貿易で巨万の富を築き、大正から昭和初期にかけて伊丹春日丘の広大な敷地に邸宅を構えました。また美術館も備えていたと伝わります。
次郎はケンブリッジ大学を卒業して、昭和3年(1928)に帰国後、英字新聞記者を経て日本食糧工業(現日本水産)の役員等を勤め、また近衛文麿の側近の一人でした。海外生活で得た知己も多く、戦後は時の首相吉田茂の懐刀としてサンフランシスコ講和条約の締結に大きな役割を果たしました。その後東北電力会長を勤め、82歳でこの世を去りました。
妻正子(1910〜1998)は文筆家としてよく知られています。


■伊丹緑道にある白洲屋敷跡の説明


目次