トップページ





 「北村」の地名の由来については、伊丹町の 北にある集落であることから付けられたと考え られます。北村は「喜多村」と記されていた時 代もあり、以前は北村の枝郷として鋳物師村・ 伊丹坂村・辻村・野村の4つの集落が点在して いました。
 現在地は伊丹郷町より多田神社(多田院)へ 通じる多田道(多田街道)の道沿いで、南へし ばらく行くと西国街道と交差し、そこには辻の 碑と道標があります。道標には「従是多田御社 江一里半」と記されています。
 旧地名の小字の 中で「自然」「東自然」「西自然」は、有岡城主・ 荒木村重の子で、京に於いて殺害された自然を 哀れんで立てられたという自然居士の墓があっ たことから、また、「北良蓮寺」「南良蓮寺」は 天正年間(1573〜1592 年)の兵火で焼失した良 蓮寺があったと伝えられることから付けられたものと思われます。
 その他、地図に表示していますように多数の旧地名がありましたが、現在 は北伊丹・鋳物師・緑ヶ丘・北園・高台・春日 丘などの町名となりました。



目次