トップページ





 
五合橋線行基町交差点を西へ100m行ったところ、行基町2丁目に以前、行基橋があった。
用水路に御影石の石板を渡した長さ1.5m位の小さな橋である。
山田伊丹線の拡幅整備に伴い、橋の役目を終えて、現在は通行の支障にならないように親柱と縁石が歩車道境界に移設されている。
縁石の面には 「大正十四年乙丑年十月下旬○○吉住松吉」 と右書きで刻んである。
近くの市立伊丹高校の場所に大正12年、県立伊丹高等女学校が開設された。
当時の地名は伊丹字行基田、学校周りは田んぼで家は一軒もなく、女学校の通学路として設置されたようだ。


 (松田 記)





目次