トップページ

 

南野南菱町、南野字山道・飛田・小豆領・広田・林、御願塚字池ノ上・大越、の全部または一部の区域が平成7年16日から、鈴原町9丁目・南鈴原1丁目から4丁目に町名が変わりましたので、町名変更前の地名を保存するため設置しました。
 この地域は、昭和25年ごろには、一面の田畑でしたが、南野字広田、飛田の一部区域が、新たに南野南菱町の住宅地となり、さらに市道野間梅ノ木線(東消防署南野出張所前面北側道路)の整備、金岡排水路の改修、山陽新幹線の開通などにより道路網などが整備され、住宅街となりました。
 旧地名のうち御願塚字池ノ上は、御願塚村池(現在、婦人児童センター)の上側に位置するところから、池ノ上と呼ばれたと思われます。また、南野字林は江戸時代の南野村絵図に記された林シ田地が変化したものと推測されます。

 
 
 目次